Nikon AFレンズ評価画像一覧

ホーム

 右図は人形の顔写真をまとめて並べて画質の
 違いを一覧できるようにした「まとめ写真」
 の模式図です。
 @〜Cは視野中心から左端までの2/3の
 位置に被写体(人形)を置いて撮影したもの
 で、それぞれF2.8〜8です(F値はレンズ
 によって異なります)。
 Dはセンサー左端、Eはセンサー左下端に
 被写体を置いてそれぞれF5.6で撮影し
 ました。

 ・開放F付近が暗いのは周辺減光です。
 ・周辺減光補正は標準にセットしています。
  AF-S 24mm F1.4G
  AF 28mm F1.4D
  AF-S 28mm F1.4E
  AF-S 58mm F1.4G + (周辺減光補正の効果)
  Z 24-70mm F4S
  Z 50mm F1.8S    + (周辺減光補正の効果)


  [一番上へ▲]
Nikkor AF-S 24mm F1.4G (toda) 開放からかなり良像だが、コーナーの周辺減光は大きい。



  [一番上へ▲]
Nikkor AF 28mm F1.4D (toda) 開放から良像。コーナーがやや残念。F1.4が暗いのは周辺減光。



  [一番上へ▲]
Nikkor AF-S 28mm F1.4E (toda) コーナーの周辺減光は大きいが、開放からきわめて良像。



  [一番上へ▲]
Nikkor AF-S 58mm F1.4G (toda) 残念ながらコーナーの開放付近は画質が劣る。


 周辺減光補正(ヴィネットコントロール)の効果。補正無し/弱/標準/強。


 コーナーでの減光量を調べてみた。露出補正+1.0でおおよそ適正露出。



  [一番上へ▲]
Z 24-70mm F4S → 24mm F5.6〜8に絞れば、ズーム全域でコーナーまで良像。


Z 24-70mm F4S → 35mm


Z 24-70mm F4S → 70mm



  [一番上へ▲]
Nikkor Z 50mm F1.8S (toda) コーナーの周辺減光は大きいが、開放からきわめて良像。


 周辺減光補正(ヴィネットコントロール)の効果。補正無し/弱/標準/強。


 コーナーでの減光量を調べてみた。露出補正+1.0〜1.3でおおよそ適正露出。


  [一番上へ▲]